兵庫県芦屋市の心療内科・精神科・デイケアなら高橋心療クリニックまで

TOPお知らせ・新着情報スタッフブログ > うつ病回復期 の落とし穴とは?
お問い合わせ
高橋心療クリニック

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町4-1
ラポルテ本館403

携帯サイト QRコード

携帯電話の方は上のQRコードからアクセスしてください。

うつ病回復期 の落とし穴とは?

2018年7月23日 月曜日

うつ病は、休養とお薬による治療がうまくいくと、大体2-3ヶ月で病前の状態に戻ることかできます。

その意味では、うつ病は決して治りにくい病気ではありません。しかし、中には回復してきたかと思うと、またうつ状態が悪化する方もおられます。

治ってきたうつ状態が再び悪化すると、とてもがっかりします。やっとあのつらさから解放されたのですから、再びうつになった時のショックは大きいのです。

自分のうつは治らないのでは?と悲観的にさえなります。そのような気持ちが更にうつを悪化させます。悪循環です。

うつ病が回復期に悪化する原因の一つは、体力以上の無理な活動です。うつ病はこころだけでなく、身体も疲弊させます。身体が疲れやすい、怠いというスタミナ不足の状態で無理をすると、再びうつが悪化してしまうのです。

うつ病の治療では早く回復したい気持ちがとても強く働きます。うつ病になる方は元々勤勉な方が多いため、休んでいると気が気でないのです。しかし、あわてて行動し、体調崩すとうつが悪化するので十分に気をつけましょう。

うつ病の治療では焦りは禁物です。焦ることで無理な行動が生まれ、体力以上の動きをしてしまいます。体力以上の動きは再びうつを悪化させることになるのです。

ですから、このような落とし穴に陥ることなく、焦る気持ちをうまくコントロールすることがうつ病回復の鍵になるのです。

院長 高橋道宏

2018年07月23日