兵庫県芦屋市の心療内科・精神科・デイケアなら高橋心療クリニックまで

TOPお知らせ・新着情報高橋院長の月曜ブログ > うつ病が治りにくいと感じたら

うつ病が治りにくいと感じたら

2020年3月16日(月)

うつ病は治療期間が長期に及び、うつ病が原因で休職すれば、職場復帰に時間がかかります。このため「うつ病は治りにくい」と感じる方が多くおられます。

治療期間が長びくと職場や家族の理解が得られにくくなり、これが原因で回復してきた症状が再び悪化してしまいます。

多少回復し元気そうに見えても、まだ仕事や家事ができないことがあります。元気そうに見えても、活動するとすぐに疲れてしまうのです。でも、周囲の人にはなかなか理解されません。

ほとんどのうつ病は時間経過とともに良くなっていきます。症状が全く良くならないものはほとんどありません。

治りにくいと感じるうつ病の多くは、ある程度症状が良くなるものの部分的にしか回復しておらず、まだ回復が不十分なうちに再び悪化する。このような不完全な回復と悪化を繰り返します。

いつまで経っても健康な時の状態に回復しないため、治りにくいと感じるのです。

治りにくく見えるうつ病でも、症状が良くなる時が必ずあります。そこから症状を悪化させないために、日常の過ごし方がとても大切です。

うつ病が良くなってくると、うつのドン底から気分が回復し、動けるようになってきます。うれしくなり、急に活動的になりますが、身体は急激な活動についていけません。無理な動きをすると身体が疲弊し、再びうつ状態に戻ってしまいます。

うつ病が良くなって来た時は、体調に合わせた無理のない活動を心がけましょう。焦りは禁物です。健康だった時の活動に少しずつ戻していくのです。

家事をする時は、少しずつ休みながらしましょう。休職から復職する場合は、半日程度から出勤する段階的な復職が望ましいです。

うつ病の治療では、お薬だけでなく、どのように日常生活を送るかがとても大切です。

うつ病が治りにくいと感じたら、無理な動きをしていないか、日常生活を見直してみましょう。

院長 高橋道宏

2020年03月16日