兵庫県芦屋市の心療内科・精神科・デイケアなら高橋心療クリニックまで

TOPお知らせ・新着情報高橋院長の月曜ブログ > 原因不明の体のだるさ、頭痛、めまい、動悸。 その正体は?

原因不明の体のだるさ、頭痛、めまい、動悸。 その正体は?

2020年6月22日(月)

最近は割と症状が安定していたのに、なぜか身体がだるい。頭痛がする。こうした症状が時々ある。今日は天気が悪いが、昨日から調子が悪い。このような症状はありませんか?

体のだるさ、頭痛、めまい、動悸などがあると、気分がすぐれず、日常生活に前向きになれません。このような症状で内科、脳神経外科、耳鼻科などの医療機関を受診しても、特に問題はないと言われます。

このような症状は自律神経の乱れから起きています。自律神経が乱れると、雨の日(多くはその前日から)など天候不良の悪影響が身体を直撃します。自律神経が正常に働かなくなり、雨などの外界の変化に適応することができなくなってしまうからです。

ここ1-2週間のように、雨の日が断続的に続くと、自律神経が乱れている方は、調子が良くなったり、悪くなったりしています。このような症状は自律神経の乱れによるものですから、過度の心配はいりません。不安はかえって自律神経の乱れを加速します。

うつ病などになると、自律神経の乱れが起きます。うつ病が治れば、自律神経の働きも正常化します。身体の病気では無いことを理解し、落ち着いて日常生活を送ることが大切です。

院長 高橋道宏

2020年06月22日