うつ病は癖になるのか?

2021621()

「うつ病は癖になることがあるんですか?」うつ病が癖になるとは、何回もうつ病になる、すなわち再発するということです。確かにうつ病は再発することがあります。

うつ病の再発に関する研究の結果、初めてうつ病になった方は、約50%再発することがわかっています。また、うつ病が再発すると、この再発率はさらに上昇することも知られています。つまり、再発を繰り返せば繰り返す程再発率が高まり、だんだんうつ病が持病のようになっていくのです。

ですから、初回治療でうつ病が完全に良くなったからといって安心せず、うつ病の再発を予防しなければなりません。うつ病の原因になったストレスを避けるとともに、抗うつ薬の服薬をしばらく続ける、予防的服薬が国内外のうつ病治療ガイドラインで推奨されています。

欧米の治療ガイドラインによると、初めてうつ病になった方は、4ヶ月から9ヶ月以上の服薬継続が必要です。またうつ病が再発してしまった場合は、2年以上の服薬継続が必要とされています。

うつ病を再発の多い病気です。再発を繰り返すほど、仕事や家庭生活におけるマイナス面が顕著に現れてきます。うつ病が癖になってしまってはいけません。再発を予防し、真の意味での完治を目指しましょう。

院長 高橋道宏

PAGE TOP